フリーローンで借り換え!月々の返済額を少しでも減らす方法を解説

フリーローンで借り換え!月々の返済額を少しでも減らす方法を解説

毎月にかかるローンの返済額によって、経済的な負担が重くなり、ゆとりある生活がほとんどできないと、多くの人は悩みを抱いています。

そんなときにおすすめするのが、フリーローンで他のローンの借り換えを行うことです。

フリーローンで他のローンの借り換えを行うことで、毎月のローンの返済額を減らすことが見込めます。

なぜ返済額を減らせるのかというと、今まで返済してきたローンの金利が高く、借り換え予定のフリーローンの金利が低いので、その金利を抑えることで、毎月の返済額を減らせるという仕組みだからです。

今回はフリーローンで借り換えして、毎月のローンの返済額を減らせる方法について、解説していきます。

↓↓ クリックするとすぐに該当項目にジャンプします ↓↓
≫ すぐに「フリーローンのおすすめ」を見る

フリーローンでの借り換えは可能!だけど審査を通る必要がある

フリーローンでの借り換えは可能!だけど審査を通る必要がある

フリーローンでの借り換えは可能です。断言できる根拠は、フリーローンを提供している銀行の多くが、借り換えは可能だと、公式で明言していることにあります。

フリーローンはもともと、事業用途を除き、様々な用途に利用できる金融商品です。

様々な用途に利用できるということは、借り換えに利用しても問題はないということです。

しかし、フリーローン全てに審査があります。

審査を通過できないと、フリーローンを利用することができません。

それ以前に、どの金融機関のフリーローンを利用すればいいのかも気になるところです。

そこで、フリーローンはどの金融機関が良いのか、フリーローンの審査基準について、簡単ですがまとめてみました。

フリーローンの借り換えは金利の低い銀行を利用するのが一般的

フリーローンの借り換えは、金利の低い銀行を利用するのが一般的となっています。

消費者金融など、ノンバンク系のフリーローンでも借り換えは可能ですが、これはおすすめできません。

ノンバンク系の金利は高く、借り換えしても支払いの負担が逆に大きくなるからです。

フリーローンの借り換えは金利の低い銀行を利用します。

審査は早くて5日、遅くて2週間かかるので、審査の結果が出るまで待ちましょう。

フリーローンの審査基準を簡単にまとめてみた

フリーローンの審査基準を簡単にまとめて説明すると、以下の通りとなります。

  • 年収が一定以上にあるか(※200万円以上が望ましい)
  • 勤続年数が長いか(※1年以上が望ましい)
  • 過去に金融事故を起こしていないか
  • 年齢が20歳以上であるか

ひとつでも欠けていたら、フリーローンの審査通過は難しいです。

特に「過去に金融事故を起こしていないか」というポイントに注目していただきたいのですが、過去に金融事故を起こした時点で、フリーローンの審査通過は不可能だと思ってください。

なぜかというと、仮に申込者が審査基準を満たしたとしても、計画的に支払ってくれるとはかぎらないからです。

フリーローンの借り換えのやり方をまとめてみた

フリーローンの借り換えのやり方をまとめてみた

フリーローンの借り換えのやり方は2つあります。2つのやり方を紹介していきます。

消費者金融から銀行に借り換えする場合

消費者金融は金利が高いので、銀行のフリーローンの借り換えはおすすめできます。

やり方は、消費者金融のローンから銀行のフリーローンに借り換えするだけです。

例えば、消費者金融で金利18%のカードローンを利用したとします。

利用する銀行のフリーローンは13%です。

銀行のフリーローンで消費者金融のカードローンを一括返済し、借りた金額は変わらないが、金利が低くなったので毎月に支払うローンの返済額を抑えることが見込めます。

金利の高い銀行から金利の低い銀行に借り換えする場合

やり方は、現在利用している銀行のローンを別の銀行のフリーローンで返済し、借り換えするというものです。

しかし、銀行同士の借り換えはおすすめできません

なぜかというと、もともと金利の低い銀行同士の借り換えにメリットはないからです。

フリーローンで借り換えするときの注意点をまとめてみた

フリーローンで借り換えするときの注意点をまとめてみた

フリーローンで借り換えするときの注意点は、以下の通りです。

  • ローンの種類によって借り換えは逆効果になる場合がある
  • 複数のローンを借り換えで一括に返済する方法がある

注意点を次に挙げて、解説していきます。

ローンによって借り換えは逆効果になる

なぜ逆効果になるのかというと、フリーローンの金利が現在支払い続けているローンの金利より高くなることがあります。

例えば、現在支払っているローンの金利が11%で、借り換えを予定している銀行のフリーローンの金利が10%とします。

単純に考えれば、金利の低い銀行のフリーローンに借り換えすれば、月々にかかる返済額を抑えることが期待できるでしょう。

しかし、金利の低いはずの銀行のフリーローンを利用し始めると、金利が12%となっています。

なぜ金利が12%になっているのかというと、フリーローンは借り入れた金額が少なければ少ないほど、金利が高くなるからです。

ローンによって、借り換えが逆効果になる場合があるので、借り換えを利用する際はフリーローンで借り換えしたときの金利をチェックしましょう。

複数のローンを借り換えでまとめて返済する方法がある

支払っているローンが複数ある場合、借り換えでまとめて返済することが可能です。

具体的に説明しますと、複数のローンの返済額を合わせて50万円だった場合、フリーローンを50万円で借り入れすることで、まとめて返済することが可能となります。

つまり、総額返済額と同額の借入を、フリーローンで行うということです。

しかし複数のローンの金利にバラつきがあり、フリーローンの利用にメリットあるのかと悩む方もいるでしょう。

これは、利便性の意味でメリットがあるといえます。

なぜかというと、複数のローンの支払いを一本化することで、支払いの煩わしさが軽減されるため。

銀行が提供するフリーローンの多くが、借入限度額が300万円~800万円を提示しているので、大きい額を借り入れることができるでしょう。

ただし、借入額が大きければ大きいほど、審査が厳しくなることをご理解ください。

おまとめローンについて

複数あるローンをまとめて返済するとき、おまとめローンでの借り換えは有効的です。

フリーローンとおまとめローンの違いは、用途にあります。

フリーローンは事業関連を除き、用途に制限はありません

おまとめローンの場合は、借り換えに特化した金融商品なので、借り換え以外の用途は認められないのです。

ちなみに、おまとめローンを提供している金融機関は、東京スター銀行やプロミスなどが挙げられます。

フリーローンでの借り換えでおすすめの銀行10選

フリーローンの借り換えでおすすめの銀行を10種類、特徴を含めて紹介していきます。

1:イオン銀行の「フリーローン・目的型ローン」

イオン銀行の「フリーローン・目的型ローン」

  • 金利:3.8%~13.5%
  • 融資限度額:700万円

イオン銀行が提供する「フリーローン・目的型ローン」は、事業関連を除き、原則自由となっています。

原則自由なので、借り換え目的で利用することが可能です。

特徴は、手続きが簡単なところです。

インターネットで申し込みが可能になっているので、わざわざ来店する必要がありません

無担保無保証でフリーローン・目的型ローンを申し込めるのも、また魅力です。

≫ 公式HPを見てみる

2:トマト銀行のトマト・借換え専用フリーローン「ひとまとめ」

トマト銀行のトマト・借換え専用フリーローン「ひとまとめ」

  • 金利:4.8%、6.8%、9.8%、13.8%(※固定金利)
  • 融資限度額:800万円

トマト銀行が提供するフリーローンは、借り換え専用です。

複数利用しているローンをひとつにまとめて借り換えを行うことで、確実な返済計画を立てることができます。

特徴は、固定金利にあります。

固定金利は変動金利と異なり、金利が変動しません

金利が変動しないので、計画性の高い返済を行えるというメリットはありますが、金利が下がることがないというのがデメリットであります。

無担保無保証で利用でき、インターネットで申し込むことができるので、来店してフリーローンの利用手続きを行う必要はありません。

≫ 公式HPを見てみる

3:北海道銀行のフリーローン

北海道銀行のフリーローン

  • 金利:3.8%~14.0%
  • 融資限度額:300万円

北海道銀行が提供するフリーローンは事業関連の用途を除き、使い道は自由です。

借り換えを理由に、フリーローンを利用しても問題はありません。

北海道銀行のフリーローンの特徴は、スピード審査にあります。

審査期間は3日~4日と、銀行の中でも審査期間は早い方です。

銀行によって、審査期間が1週間~2週間かかることがあります。

もうひとつの特徴は、申し込みに対するハードルの低さです。

無担保無保証を原則とし、インターネットで申し込めるのですが、北海道銀行のフリーローンの公式サイトでは、「年収や職業に関係なく申し込める」と明言しています。

しかし、フリーローンを支払えるだけの安定した年収がなければ、審査の通過は見込めないでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

4:北日本銀行のフリーローン「アスモ」

北日本銀行のフリーローン「アスモ」

  • 金利:3.0%~14.5%
  • 融資限度額:1,000万円(※パート・アルバイト・専業主婦または主夫・年金受給者は50万円を上限としている)

北日本銀行が提供するフリーローン「アスモ」は、事業関連の用途を除き、使い道は自由となっており、借り換えに利用することが可能です。

特徴は、申し込みに対するハードルの低さにあります。

北日本銀行のフリーローン「アスモ」は、パートやアルバイト、専業主婦または主夫、年金受給者でも利用が可能。

ただしその場合では、融資限度額が1,000万円ではなく50万円になっていることを注意しなければなりません。

無担保無保証を原則としているので、保証人や担保がなくても、申し込みが可能となっています。

≫ 公式HPを見てみる

5:中国銀行の「おまとめフリーローン」

中国銀行の「おまとめフリーローン」

  • 金利:6.8%~14.5%
  • 融資限度額:500万円

中国銀行が提供するおまとめフリーローンは、借り換えに特化した金融商品です。

ただのフリーローンも扱っているのですが、借り換えを目的にフリーローンを利用するなら、おまとめフリーローンがおすすめとなります。

特徴は、申し込みに対するハードルの低さにあり、アルバイトやパート、派遣社員など、正社員以外でも気軽に申し込むことが可能です。

無担保無保証ですので、保証人がいなくても申し込めます。

≫ 公式HPを見てみる

6:りそな銀行の「フリーローン」

りそな銀行の「フリーローン」

  • 金利:6.0%~14.0%
  • 融資限度額:500万円

りそな銀行が提供するフリーローンは、原則として使い道が自由で、借り換えを目的に利用することができます。

ただし、事業に関連した用途に利用できないことをご理解ください。

りそな銀行のフリーローンの特徴は、最長10年までに毎月定額返済を利用できることにあります。

しかも、固定金利なので、より確実かつ計画的な返済を可能にしているのです。

利用状況に応じて、繰上返済も可能としているので、臨機応変に対応できます。

無担保無保証を原則としているだけでなく、アルバイトやパートなどでも申し込めるので、申し込みに対するハードルの低さも、特徴のひとつだと言えるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

7:横浜銀行の「フリーローン」

横浜銀行の「フリーローン」

  • 金利:1.9%~14.6%
  • 融資限度額:1,000万円

横浜銀行が提供しているフリーローンは、他の銀行が提供するフリーローンと同様に、事業関連を除いて使い道は自由です。

他のローンの借り換えを目的に、フリーローンを利用しても問題はありません。

横浜銀行のフリーローンの特徴は、金利が他の銀行のフリーローンより低く設定されていることにあります。

融資限度額の最高1,000万円借りると、金利が1.9%に設定されるので、大きな額を借り入れしたい人にとって、横浜銀行のフリーローンはおすすめです。

ちなみに、100万円未満の借り入れは、金利14.6%となります。

融資額が高ければ高いほど、金利を低く抑えることが可能になるのです。

≫ 公式HPを見てみる

8:楽天銀行の「スーパーローン」

楽天銀行の「スーパーローン」

  • 金利:1.9%~14.5%
  • 融資限度額:800万円

次に紹介する楽天銀行では、「スーパーローン」というカードローンを提供しています。

このローンの最大限度額は800万円で、金利も他行とあまりかわらないレベル。

またスーパーローンでは、楽天会員であれば、そのランクによって審査が優遇されます。

さらに、楽天銀行の口座がなくても利用できるなど、利用する上で使い勝手が良く設定されているのが特徴です。

またカードローンという特性上、利用限度額内であればいつでも提携ATMから利用が可能

その際の利用手数料が、なんと0円で利用できてしまうのです。

もし楽天会員なら、候補として是非いれておきたいローンとなるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

9:常陽銀行の「フリーローン」

常陽銀行の「フリーローン」

  • 金利:3.975%~11.95%
  • 融資限度額:500万円

常陽銀行の「フリーローン」は、基本的に資金使途は自由で、借り換えにももちろん利用できます。

金利は変動金利ではありますが、上限金利も低く設定されており、使い勝手もいいのではないでしょうか?

また融資額も最大500万円で、最長10年で返済計画をたてることも可能です。

手続きもインターネットから申込みができ、手間もかかりません。

まずはweb診断も公式HPにありますので、自身が対象となるのか、試してみるといいでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

10:じぶん銀行の「じぶんローン」

じぶん銀行の「じぶんローン」

  • 金利:2.2%~17.5%
  • 融資限度額:800万円

最後に紹介するのは、じぶん銀行の「じぶんローン」です。

このローンも事業性資金以外であれば使い道は自由で、10万円から借りることができます。

またこのローンは、少々ローンの金利が高めの設定となっています。

しかし、auユーザーで「借り換えコース」を選択した場合であれば、なんと「1.7%~12.5%」の金利で利用することができてしまうのです。

これはかなりの低金利ですね!

さらにこちらもカードローンという特性上、全国のコンビニのATMからいつでも利用できてしまいます。

返済額も1,000円からでいいので、あまり負担をかけたくないという方にもおすすめのローンといえるでしょう。

≫ 公式HPを見てみる

金利を見極めてフリーローンの借り換えは行おう

フリーローンで借り換えし、月々の返済額を減らす方法を紹介しました。

金利の高い消費者金融でローンを支払い続けているとき、金利の低い銀行のフリーローンでの借り換えは効果的だと言えます。

借入額は変わりませんが、金利が低い分、支払いの負担軽減が可能となるのです。

また、複数のローンを利用しているときでも効果的です。

融資限度額300万円以上のフリーローンを提供している銀行が多いので、フリーローンであえてまとめて支払うというやり方があります。

月々の返済額を少しでも減らせるのなら、銀行のフリーローンで借り換えすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)