ETFとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説!

ETFとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説!

ETFは投資信託と株式のメリットを合わせた金融商品で、ここ数年で商品も増え、非常に注目されています。

この記事では、ETFに対して以下の悩みを持つ方を対象に、わかりやすく解説していきます。

  • ETFが注目されてるけど一体どういうもの?
  • 投資信託と何が違う?
  • ETFのメリットとデメリットをわかりやすく知りたい!
  • ETFの種類が多すぎてわからない

これから投資を始めたい人は、ぜひこの記事を参考にして、ETFで資産運用をスタートしましょう。

ETFとは?

ETFとは、「Exchange Traded Fund」の略で日本語にすると、「上場投資信託」という意味になります。

投資信託を簡単に説明すると、投資の専門家にお金を預けて、自分の代わりに資産運用をしてもらう金融商品です。

ETFは通常の投資信託と似ていますが、決定的に違うのが、証券取引所に上場しているため、株式と同じように値動きを見ながら自由に売買ができる点です。

ETFには数多く種類が用意されていますが、どれも株価指数に連動します。

つまり、1つETFを購入するだけで、分散して投資ができる仕組みになっています。

リスクを軽減するために、分散して投資するのは基本ですが、その分散を適切な形でしてくれるのがETFです。

ETFと投資信託の違いは?

ETFと投資信託の違いは?

ETFと投資信託は非常に似ています。大きな違いとしては上場しているか、していないかの違いですが、ほかにもいくつか違う点があります。

ETFと投資信託、株式の違いを表にまとめたので、参考にしてください。

ETF 投資信託
取引価格 市場価格

リアルタイムで変動

基準価額

1日1回算出

取引時間 証券取引所の取引時間 販売会社により異なる
取引場所 証券会社 証券会社・銀行・郵便局など
購入方法 リアルタイムで変動する価格で購入(指値・成行注文が可能) 申し込み後に算出される基準価額をもとに購入価格が決定
信託報酬 低い 高い

表を見ると分かる通り、取引時間や取引場所、信託報酬に違いがあります。

また詳しく投資信託について知りたい方は、以下の記事を参考としてみましょう。

投資信託とは?初心者におすすめできる?メリット・デメリットやその種類は?投資信託とは?初心者におすすめできる?メリット・デメリットやその種類は?

では、ETFにはどんなメリットがあるのでしょうか。次から詳しく解説していきます。

ETFのメリットは?

ETFのメリットは?

ETFのメリットには、以下の3つがあります。

  1. リアルタイムで売買ができる
  2. 手軽に分散投資ができる
  3. 売買と保有の費用が安い

とくにリアルタイムでの売買と、売買と保有の費用が安い点は投資信託よりも優れている点です。

次から詳しくわかりやすく解説していきます。

メリット1.リアルタイムで売買ができる

ETFは株式と同じように、証券取引所の取引時間内ならいつでも何度でも売買ができます。

注文方法も株式と同様に、成行注文と指値注文が可能です。

補足

成行注文

成行注文とは、値段を指定しない注文方法で、「すぐに10口買います」という注文になります。

 

指値注文

指値注文とは、値段と口数を指定する注文方法で、「1口2,000円になったときに10口買います」という注文方法です。

指値注文ができると、自分が購入したい価格で購入ができます。

投資信託では、購入の申込みから確定まで時間がかかるため、思った通りの価格で購入できないことがあります。

リアルタイムで価格を確認でき、指値注文が可能なのは非常に大きなメリットです。

さらに、信用取引が可能なので、買い注文だけではなく売り注文もできます。

相場がマイナスのときでも利益を出せるため、買い注文で損失が出ているときに、売り注文することで損失を食い止めることが可能です。

メリット2.手軽に分散投資ができる

長期的な資産運用では、投資先をさまざまな会社や業界に分散して投資していくのが基本です。

1つに絞ってしまうと、その投資先が業績を落としてしまうと大きな損失が出てしまいます。

分散投資をすることで、仮に1つの会社が傾いても、ほかの会社が業績を伸ばせば損失は出ることはなく、問題ありません。

POINT

分散する先は会社だけに限らず、業種や地域が異なるところに投資すれば、変動する幅を減らせるためリスクを減らせます。

ETFでは、株価指数の動きに連動するようになっているため、ETFを購入すれば、その指数を構成する銘柄を全て購入できます。

投資の初心者でもわかりやすく、簡単に分散投資できます。

たとえば、株価指数の「日経平均」なら日本の企業225社に、「TOPIX」なら日本の企業約2,000社に投資ができます。

個人で全ての企業に投資するのは、多くの金額が必要ですが、ETFなら数万円から購入が可能です。

もちろん、日本の企業だけでなく、海外の株価指数をもとに構成されたETFもあります。日本と海外のETFを両方所有することで、さらにリスクを分散できます。

メリット3.売買と保有の費用が安い

ETFには購入や売却の際に、売買手数料がかかります。

証券会社が定めた金額を支払うもので、基本的に10万円未満は120円などと、取引する金額により決まっています。

証券会社により異なりますが、取引金額の0.1〜0.5%程度です。

投資信託にも購入手数料があり、金額は証券会社により変わるのですが、1〜3%程度となっています。

ほんの数%の違いでも、何度も長期的に取引していくわけですから、最終的には数十万円の違いになることもあります。

最近では、売買手数料が無料のETFや投資信託もあるので、手数料を減らしたい場合はそちらを検討するといいでしょう。

そして、もう1つかかる費用が、保有している期間に発生する「信託報酬」という手数料です。

信託報酬も証券会社によって変わりますが、基本的にはETFのほうが安く設定されています。

安い理由としては、ETFは信託銀行と運用会社のみに、信託報酬を支払います。

対して投資信託は、信託報酬を信託銀行と運用会社、そして証券会社にも支払います。

つまり、ETFは証券会社に信託報酬を支払っていない、というのが安い理由です。

ETFのデメリットは?

ETFのデメリットは?

ETFにはメリットもたくさんありますが、デメリットもあります。

どちらもしっかりと把握したうえで購入や運用を始めないと、損失を出すことにも繋がってしまいます。

主なデメリットとしては、以下の4つが挙げれるでしょう。

  1. 売買には手数料がかかる
  2. 投資額が大きくなってしまう
  3. 積立投資ができない
  4. 上場廃止の可能性がある

では、詳しく解説していきます。

デメリット1.売買には手数料がかかる

売買手数料は、取引のたびに発生するので注意が必要です。

投資信託と比べると安いことが多いですが、なかには手数料が高い場合もあります。

必ず手数料を確認して、ほかのETFや投資信託と比較するようにしましょう。

また、投資信託は手数料無料の商品があり、その数も多くあるため、その中から商品を選ぶこともできます。

しかし、ETFは手数料無料の商品はあるものの、その数は決して多くありません。

デメリット2.投資額が大きくなってしまう

ETFの最低投資金額は、商品によって異なりますが、平均して2万円からとなっています。

投資信託では500円や1,000円でも購入できるので、大きな違いがあります。

初めから大きな金額を用意できていいればいいですが、用意できない場合はすぐに購入できないので、注意しましょう。

それでも、数万円で数百の銘柄に分散投資できると考えると、決して高いわけではありません。

デメリット3.積立投資ができない

ETFは一部のサービスを除き、自動での積立投資に対応していません。

確実に資産を作り上げていける積立投資は、大きな資産を形成していくうえでは欠かせないものです。

ETFで積立投資をするには、毎月手動で購入手続きをする必要があります。

投資に関心があり、知識のある人であれば手動でも問題ないのですが、そうでない場合は毎月決まった口数を購入するのは手間がかかり、続けるのが難しいです。

また、前述した通り、最低投資金額が大きいため家計の負担になってしまうこともあります。

一方の投資信託では、毎月決まった日に数百円から自動で積立投資する機能があります。

1度設定するだけで貯金感覚で続けられるため、投資の初心者でも簡単で確実に資産を増やしていけるのが特徴でしょう。

ここ数年でETFを自動で積立できるSBI証券の「ETF定期買付サービス」やカブドットコム証券の「プチ株」などのサービスが登場しています。

これからもさまざまなサービが登場するかもしれないので、注目しておきましょう。

お手軽投資も近年注目

最近では、投資の知識がなくとも「ウェルスナビ」という、ほぼ自動的に積立投資をしてくれるアプリも注目されています。

自動で投資できるウェルスナビとは?運用実績や評判は?自動で投資できるウェルスナビとは?運用実績や評判は?

デメリット4.上場廃止の可能性がある

上場廃止の基準が設けられているため、株式と同じように、上場廃止になることがあります。

上場廃止が決定すると整理銘柄になり、1ヶ月間は売買が可能です。

しかしこの期間は、当然ほかの投資家も手放すことを考えているため、なかなか売買が成立しないことがあります。

売買できなかった場合も、証券会社に買取請求をすることで換金できます。

上場廃止になることで、価値がなくなることはないので安心しましょう。

上場廃止は頻繁に起きることではありませんが、世界全体で見ると100以上が上場廃止になっています。

日本のETFも上場廃止になったこともあります。

対策としては、ほかのETFを含め、さまざまな金融商品に分散することが有効な手段でしょう。

同時に上場廃止になることは、可能性はゼロではありませんが、ほぼありません。

また、上場廃止になる原因の1つとして、預かり資産が少ないという点があります。

資産が少ないと構成する銘柄を購入できなくなるため、ETFを運用できなくなります。

つまり、預かり資産の多いETFを選ぶことが対策になるといえます。

ETFの種類はどんなものがある?

ETFの種類はどんなものがある?

一口にETFと言ってもさまざま種類があります。

主な種類としては、以下の6種類があります。

  1. 国内株式
  2. 外国株式
  3. 国内債券
  4. 外国債券
  5. 商品
  6. 不動産

ここからは、その種類について特徴などをわかりやすく解説していきます。

ETFとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説!のイラスト

1.国内株式ETF

株式指数の日経平均やTOPIXなどに連動します。

大きな企業を対象にしているものが多いので、預かり資産の大きなものもあります。

国内株式のなかでも、新しくできた企業を中心に銘柄を構成しているETFもあります。

2.外国株式ETF

アメリカや中国といった急速に経済成長している国や、急速に発展している新興国の株式に投資できるETFです。

1つの国に絞らずに複数の国に分散して投資できるものもあります。

世界的に見ると日本の成長率はそれほど高くないため、外国株式への投資もおすすめです。

日本株式と合わせて購入すれば、さらに分散ができます。

3.国内債券ETF

債券のメリットは新興国の債券を除けば、値動きが大きくないため、あまりリスクを取らずに運用できます。

債券は株式と逆の値動きをする性質があるので、株式で発生した損失を抑える効果もあります。

債券ETFは外国債券しかなかったのですが、2017年に野村證券で新たに登場しました。

4.外国債券ETF

外国債券は、国内債券と同じように値動きが小さい、株式と逆の値動きをするといった特徴があります。

国内債券と違う点は、圧倒的に数が多いことです。

ある程度リスクを取った高利回りの商品もあります。

ただし、注意しなくてはならないのが、為替変動のリスクです。

外国債券は為替変動の影響を受けない「為替ヘッジあり」のETFを除き、為替の変動による影響を受けてしまいます。

購入時よりも円高になってしまうと、円にしたときに値下がりしてしまうこともあります。

5.商品ETF

商品とは金や銀、原油などのことで、物価の上昇と連動する傾向が強いため、インフレに対応できるETFといえます。

株式や債券とは違った値動きをするので、リスクの分散に繋がります。

6.不動産ETF

不動産のなかには、商業施設や住宅などの種類があり、もちろん海外の不動産を中心にしたものもあります。

利回りが4%近くあるのが特徴で、値動きが激しいハイリスク・ハイリターンなETFです。

ETFでおすすめの証券会社は?

ETFでおすすめの証券会社は?

ETFのメリットやデメリットなどを紹介してきましたが、これから「ETFをはじめたい!」という方のために、おすすめの証券会社を紹介しておきます。

今回紹介するのは3社です。

それぞれには特徴もありますので、その点を踏まえながら活用していきましょう。

楽天証券

ETFおすすめ証券会社楽天証券

楽天証券では、すでに開設口座数が80万件を越えており、預かり資産についても「兆」単位の大台の証券会社です。

契約によっては、売買手数料が発生してしまうものの、「東証上場のIシェアーズETF」であれば売買手数料が無料となります。

また売買手数料が掛かったとしても、楽天ポイントとして一部還元されますので、楽天ユーザーの方には嬉しいポイントとなるでしょう。

SBI証券

ETFおすすめ証券会社SBI証券

SBI証券は、開設口座数が圧倒的に多く業界の中でも大手の証券会社です。

売買手数料については「1注文:~5万円」で54円で、「1注文:5~10万円」なら97円と安いことも特徴です。

取り扱っている銘柄数も多く充実しているので、口座開設しておいても損はないでしょう。

むさし証券

ETFおすすめ証券会社むさし証券

むさし証券は、大手ではないものの、昔から長く続いている老舗証券会社です。

むさし証券の一番の魅力は、大手ではむずかしい手厚いサポートにあります。

相場が低迷した時期も何度も経験しているため、ノウハウも豊富でしょう。

売買手数料については、「1注文:~10万円」なら75円と他社と比較してもお得です。

ETCに限らず存在する2つの投資リスク

ETCに限らず存在する2つの投資リスク

基本的なことですが、投資には「価格変動リスク」と「流動性リスク」の2つリスクがあります。

ほかにも細かいリスクはありますが、投資に関して初心者の人は、まずはこの2つのリスクを覚えておきましょう。

価格変動リスク

これは金融商品の価格が変わるリスクのことで、10万円で購入した商品が、1ヶ月後にそのまま10万円という保証はありません。

下がってしまうと、元本割れしてしまいます。

投資にかけたお金が、減ることがあるということを覚えておきましょう。

流動性リスク

流動性リスクとは、その商品の売買量が極端に減ると、売りたいときに売れなくなってしまうリスクのことです。

不祥事や上場廃止の決定などがあった際は、投資家はみんな売り注文を出すため、需要と供給のバランスが崩れてしまいます。

そうなれば、手放したくても手放せない状態になることもあるでしょう。

現金化したくても、すぐには現金化できなくなってしまうので注意が必要です。

複数のETFを買うとリスク分散になる

ETFは1つ購入するだけで分散投資が可能ですが、複数を組み合わせることで、さらに分散して投資ができます。

組み合わせはどの程度のリスクを取るかにもよります。

株式と債券、不動産など異なる値動きをするものを組み合わせると、効果的にリスクを分散できるでしょう。

ただし、複数購入するということは、それだけ資金が必要ということです。

予算がない場合は、無理に複数のETFを購入する必要はありません。

ETFのメリットを活かして投資をしよう

ETFのメリットとデメリット、投資信託との違いなどをわかりやすく解説してきました。

ETFには、リアルタイムでの売買が可能で、分散投資もできます。

投資に詳しくない人でも簡単に運用できます。

ただし、上場廃止の可能性や積立投資ができないなどのデメリットもあり、人によっては投資信託や株式のほうが適していることもあります。

ぜひ今回の記事を参考に、特徴を理解したうえで、ETFのメリットを最大限活かして投資をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)