電子マネーの種類を徹底比較!お得にお金を使うための活用法は?

電子マネーの種類を徹底比較!お得にお金を使うための活用法は?

そもそも電子マネーとは何でしょうか。

クレジットカードでお馴染みオリコのホームページでは、次のように説明されています。

電子マネーとは、電子的なデータのやりとりによって決済を行う決済サービスの一種です。

カードをレジなどに置いてある端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。

しかも、精算の時にサインする必要はありません。

引用:オリコ公式ホームページ(https://www.orico.co.jp/creditcard/service/emoney/about/

PASMOやSuicaなどの交通系の電子マネーが、自動販売機のドリンクや駅ナカの売店での商品の購入にも使えるのは、多くの方がご存知でしょう。

また駅ナカや自動販売機だけでなく、他の一般的なお店でも電子マネーで決済できるようにしようという動きが、近年では広がっています。

そこで今回は、利用範囲が広がりつつある電子マネーについて、以下の方を対象に情報を紹介していきます。

  • 電子マネーって何が良いの?どう違う?
  • どれを選べばいいかわからない!おすすめの電子マネーは?
  • 電子マネーは危険?気を付けることは?

電子マネーの種類やメリット・デメリットについてはもちろん、おすすめの電子マネーにも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

これを読み終えたころには、あなたもお得にお金を使うことができるようになっているでしょう。

電子マネーの種類は2種類!プリペイド型とポストペイ型

電子マネーの種類は2種類!プリペイド型とポストペイ型

電子マネーには、プリペイド型とポストペイ型の2種類があります。

それぞれの違いを順番にご紹介します。

プリペイド型|電子マネーの種類

前もって使うお金をカードにチャージして

プリペイド型は、料金を先払い(チャージ)することで決済が可能になる電子マネーです。

身近なところだと、SuicaやPASMOなどをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。

ほとんどの電子マネーでは、このプリペイド型を採用しています。

また、一回のチャージ金額に上限がある場合が大半で、その範囲内で利用することができます。

たとえばチャージ金額の上限が30,000円であれば、最大30,000円の支払いが可能ということです。

お金が足りなくなったらチャージをするので、使いすぎを防いで節約することができますが、残高不足になるリスクやチャージをする手間がかかるというデメリットもあります。

残高が一定金額を下回った場合に、自動的にクレジットカード経由でチャージされるオートチャージを利用している場合は、使いすぎにも注意しましょう。

プリペイド型の特徴まとめ
  • チャージ(カードに入金)することで利用可能
  • チャージの上限金額は決まっていることが多い
  • 入金分しか利用できないため、ムダ遣い防止になる
  • 毎回チャージする手間はかかる

ポストペイ型|電子マネーの種類

ポストペイ型は、料金後払い式の電子マネーです。

クレジットカードをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。

現在の日本でポストペイ型を採用している電子マネーはごくわずか。

PiTaPa(ピタパ)iD(アイディ)QUICPay(クイックペイ)Visa Touch(ビサタッチ)などが挙げられます。

後払いなので残高を気にする必要もなければチャージをする手間もありません

ポストペイ型の電子マネーには、クレジットカード同様に1ヶ月ごとの利用限度額が定められていて、クレジットカードの上限と同等の金額が設定されることもあります。

そうすると1回の買い物でもプリペイド型とは比べ物にならない金額を使うことができ、使いすぎてしまう恐れがあるので注意しましょう。

ポストペイ型の特徴まとめ
  • チャージ不要で後払い式
  • 月単位で利用上限額が決まっている(クレジットカードと同額も)
  • 利用枠はプリペイド型より大きい
  • クレジットカードと似た特性があり過度な利用には注意が必要

電子マネーの「メリット」と「デメリット」

電子マネーの「メリット」と「デメリット」

電子マネーそのものについてや、プリペイド型・ポストペイ型の違いについてご紹介しましたが、ここからは電子マネーのメリットとデメリットをそれぞれにわけてご紹介します。

電子マネーのメリット5つ

メリットを一言でまとめると「楽」です。

現金やクレジットカードで支払いをするときよりも、圧倒的に時間も手間も少なくて楽に決済できます。

主なメリットは5つあり、以下の通りです。

  1. 支払いときに煩わしさがない
  2. アプリで使用額をすぐに把握できる
  3. ポイントやマイルを貯めることができる
  4. 盗難や紛失時の対応がある
  5. 全国で利用できる

では順に解説していきます。

1. 支払いのときに煩わしさがない

最大のメリットです。

カードやスマートフォンで決済ができるので、お財布を出して小銭をあさるような煩わしさがありません。

「サッ」と出して「ピッ」とかざすだけとなります。

メイン使いする電子マネーがカードなら、定期入れや手帳型スマホケースに収納されていることも多く、電子マネーを使えるお店に出かけるなら、わざわざお財布を持ち歩く必要もないでしょう。

クレジットカードと比べるとあまり大差がないように思われますが、電子マネーの場合は署名や暗証番号の入力もいらないので、機械にカードやスマホをタッチして、レシートをもらうだけとなります。

小銭を数える手間がかからないので、レジを待っている人に迷惑がかかることもなければ、お釣りの渡し間違えなどのミスも発生しません

2. アプリなどで使用額をすぐに把握できる

スマホから残高や利用額を確認できるのも、電子マネーのメリットのひとつです。

電子マネーなら専用アプリなどを利用することで、直近1カ月程度の利用履歴や、その月の上限額までの利用可能額をも把握することができます。

現金の場合では、レシートがないと利用料金の確認ができません。

いちいち「レシートを確認して電卓で使用した金額を合計して…」という手間がかかることを考えれば、電子マネーのメリットは一目瞭然です。

3. ポイントやマイルを貯めることができる

クレジットカード同様に、ポイントやマイルを貯めることができるのも、電子マネーのメリットとなります。

現金で買い物をすると、支払った料金とサービスの等価交換で終わってしまいますが、電子マネーを使えばポイントやマイルを貯めることができるので、プラスアルファの特典を受けられることになります。

日常の小さな買い物でも、ポイントを貯めることができるので、「マイルを貯めて海外旅行に行きたい」という明確な目標がなくても、気づいたときにはかなりの金額相当のポイントが貯まっていたなんてこともあるでしょう。

4. 盗難・紛失した場合でも利用停止で残高の引継ぎができる

一般的にクレジットカードでは、盗難時に不正利用された金額に対しては、上限額を設けて補償してくれるものです。

一方電子マネーでは、クレジット機能がついてない場合、「補償」という明確なものは存在しません。

しかし、盗難や紛失の事実に気がつき、利用停止をしてもらうことで、その処理が完了した時点での残高については、再発行した新しいカードに引き継ぐことができます。

利用停止方法や、引継ぎの手順については、各電子マネーの発行会社によってことなりますので、事前に公式HPなどを確認しておくようにしましょう。

注意

大抵の場合、引継ぎを行うには盗難や紛失が発生する前の段階で、所有者情報の事前登録やカードへ記名してあることが条件となっています。

まだの方は、対策として登録や記名を行っておきましょう。

5. 全国対応で利用場面に困らない

どの電子マネーを利用しているのかによっても異なりますが、大抵の場合は全国の主要スーパーやコンビニ、公共交通機関などで利用することができます。

またそのエリアについても、今後さらに拡大予定のため、利便性もさらに向上するでしょう。

近年では、一部海外(アジア)での利用も可能となっています。

電子マネーのデメリット

ここまでで電子マネーの良い所ばかりを紹介していますが、そんな電子マネーにもデメリットがあります。

電子マネーの利用を考えている方は、ここで紹介するデメリットについてよく理解しておくようにしましょう。

具体的なデメリットは4つとなります。

  1. チャージ金は現金に戻せない
  2. スキミングの被害に遭いやすい
  3. 海外旅行ではまだ力不足
  4. 災害時に利用ができなくなる

では、デメリットについても順にみていきましょう。

1. 一度チャージしたお金は現金に戻せない

注意したいデメリットの一つ目は、一度チャージしたお金は払い戻し不可ということ。

現金をチャージしようとしたときに1,000円札と間違えて10,000円札をチャージしても、差額の9,000円を取り戻すことはできません。

金欠になりがちな給料日前などは特に注意しましょう。

2. スキミングのような被害に遭いやすくセキュリティに弱い

クレジットカードなどの磁気情報を盗み取ることを一般的にスキミングといいますが、電子マネーでもスキミング被害は見受けられます。

Suicaのような交通系の電子マネーは、多くの人が取り出しやすい場所にしまう傾向にあるため、スキミング被害にも遭いやすいです。

プリペイド式の電子マネーなら、チャージした金額以上の被害はありませんが、ポストペイ式の電子マネーを使っている人は、上限額ギリギリまで被害が拡大する恐れがあります。

異変を感じたらすぐに電子マネーの利用を停止するなど、被害の拡大を防ぐようにしましょう。

3. 海外旅行では力不足

メリットの方でも少し触れましたが、ほとんどの電子マネーは日本国内での利用を想定しているため、一部アジアを除き海外で利用することはできません。

どうしても「海外で電子マネーを使いたい!」という方は、「Visa payWave」を利用すると良いでしょう。

Visa payWaveは、世界共通の電子マネーで日本を含む200か国で利用可能です。

以下に公式HPも載せておきますので気になる方は目を通してみましょう。

参考 Visa payWaveVisa

4. 災害時に利用できなくなる

電子マネーは、クレジットカードと同様に、電気がストップしたときに使えなくなるというデメリットがあります。

これは災害大国・日本にいる以上は拭いきれないデメリットでしょう。

災害時に備えるには、現金も一部は保管しておくのもいいかもしれません。

電子マネーを種類ごとに比較!

電子マネーを種類ごとに比較!

ここからは具体的な電子マネーの種類ごとに比較紹介します。

自分の生活スタイルや貯めたポイントの使い道などを考慮して、用途に合った電子マネーを比較して決めていきましょう。

ノーマル:au WALLET、nanaco、楽天Edy、WAONなど

一般的なお店での使用がメインの電子マネーです。

nanaco(セブンイレブン)やWAON(EAON)のような特定の店舗やグループ企業での使用を前提としたものはもちろん、au WALLET楽天Edyのような幅広いお店で使用できるものまでさまざまです。

公共料金の支払いもできるものなど、生活に密着したサービスを展開している電子マネーもあるので、一枚持っておいて損はありません。

交通系:Suica、PASMOなど

都心部なら一人一枚は持っていてもおかしくないのが、交通系の電子マネーです。

「ICOCA(関西)」や「Kitaca(北海道)」など地域によってカードの名前が変わることもありますが、基本的な性能や使い方に違いはありません。

電車やバスの代金の支払いはもちろん、コンビニや自動販売機でも使えるので、メイン使いの電子マネーとしても人気です。

ポストペイ型:iD、QUICPayなど

最後にご紹介するのはポストペイ型です。

プリペイド型に比べると使いすぎや、スキミングのリスクが高く好みが分かれますが、大きな買い物にも使えるため一回で莫大なポイントを貯めることも可能。

ポストペイ型の電子マネーは種類自体が少ない状況ですが、これからユーザーが増えていく可能性があるので要チェックです。

電子マネーはクレジットカードとの併用がおすすめ!

電子マネーはクレジットカードとの併用がおすすめ

ここからは、おすすめの電子マネーをご紹介します。

おすすめは、なんと言ってもクレジットカードと併用可能な電子マネーです。

その理由やおすすめのクレカ併用型の電子マネーを、順番にご紹介します!

クレジットカードと併用できる電子マネーがおすすめな理由

理由はいくつかありますが、最大の理由は電子マネーとクレジットカードのポイントの両方を獲得できることです。

つまり1,000円分の買い物を、電子マネー併用のクレジットカードで支払った場合、

  • 電子マネーを使ったことによるポイント
  • クレジットカードを使ったことによるポイント

の両方を獲得できて、お得さも倍増します。

他にもクレジットカードと電子マネーを一枚のカードに統一することで、確認する明細を1本にまとめることができます。

支出先がばらばらにならず、またお金の使い過ぎも把握しやすいので、節約志向を高めることもできるでしょう。

お金を管理するにも非常に優秀といえます。

クレジットカードと併用できる!おすすめの電子マネー5つ

ここからは、クレジットカードと併用可能な電子マネーのおすすめを5つご紹介します。

それぞれの生活スタイルやもらえて嬉しい特典など、用途に合った最適の電子マネーを見つけてみてください。

nanacoに対応|ローソンでも使えるJMBローソンPontaカード

電子マネーおすすめnanaco

JMBローソン「Pontaカード」は、その名の通りローソンでPontaポイントを貯めることができるカードですが、nanaco楽天EdyiDなどの電子マネーにも対応しています。

nanacoに対応しているということは、セブンイレブンでもポイントを貯めることができるので、コンビニの選択肢も広がります。

ローソンでJMBローソンPontaカードを使うと、利用額の2%がポイント還元され、貯めたPontaポイントはJALマイルにすることもできるでしょう。

旅行好きの人には、ぜひおすすめしたいクレジットカードとなります。

WAONに対応|イオンカードセレクト

電子マネーおすすめWaon

イオンで使える電子マネーWAONに対応しているのが、「イオンカードセレクト」です。

通常のブルーのカードに加え、エアメール風のディズニーデザインを選べるのも嬉しいポイントでしょう。

イオンカードセレクトは電子マネーとクレジットカードだけでなく、引落口座のイオン銀行のキャッシュカードとしても使えるので、3枚の役割を果たしてくれます。

給与口座をイオン銀行に指定すれば、それだけで毎月イオンポイントが貯まるので、イオンを頻繁に利用する人には打ってつけです。

楽天Edyに対応|楽天カード

電子マネーおすすめ楽天Edy

CMでもおなじみの「楽天カード」は、今回ご紹介する5枚のカードで、唯一American Expressカードを作ることができます。

楽天Edyは数ある電子マネーでもかなり場所を選ばずに使える数少ないブランドなので、クレジットカード機能も併せて、現金以外で会計できる場所ならどこでも使用可能です。

年会費500円でETCカードの追加も可能なので、車移動が必須の地域にお住まいの方やドライブで遠出をすることが多い方にぴったり!

Suicaに対応|ビックカメラSuicaカード

電子マネーおすすめSuica

交通系電子マネーの先駆けといえるSuicaと、大手家電量販店のビックカメラがコラボレーションした「ビックカメラSuicaカード」もおすすめの一枚です。

このカードのメリットは、ビックポイントとビューサンクスポイントを常に両方獲得できることでしょう。

ビックポイントの有効期限は最終利用日から1年なので、交通機関の利用で使っている人はポイントの失効を心配することなく、ビックポイントを貯めることができます。

ちなみに2年目以降の年会費は500円なので、電車移動がメインで毎日駅の近くのお店で買い物をされる方には特におすすめです!

Apple Payに対応|オリコカードザポイント

電子マネーおすすめApplePay

最後にご紹介するのは、Apple Payに対応している「オリコカード・ザ・ポイント」です。

最大のメリットは、JALマイルとANAマイルの両方にポイントを交換できることでしょう。

「オリコカード・ザ・ポイント」なら、JALマイルを貯めている人やANAマイルを貯めている人も、それぞれの目的に併せて活用することができます。

また、マイルとポイントの交換レートは、ANAマイルのほうがやや好レートとなります。

電子マネーに対応しているクレジットカード比較

ここでは、これまでに紹介してきた、電子マネーと併用可能なクレジットカードそれぞれの比較表を紹介しておきます。

JMBローソンPontaカード イオンカードセレクト 楽天カード ビックカメラSuicaカード オリコカードザポイント
カード会社 VISA VISA、JCB、MASTER AMEX、VISA、MASTER、JCB VISA、JCB JCB、MASTER
年会費 無料 無料 無料 初年度無料 無料
ポイント 0.5%~2.0% 0.5% 1.0%~3.0% 0.5%〜11.5% 1.0%~2.0%
マイル JAL JAL ANA なし ANA、JAL
利用限度額 最大50万円 最大50万円 最大300万円 最大60万円 最大300万円
付帯保険 なし あり あり あり なし
家族カード なし あり あり なし あり

以上が比較一覧表ですが、クレジットカードについてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

自身に合うクレジットカードを見つけてみてください。

よくわかるクレジットカードの選び方!注意点と特徴別おすすめもよくわかるクレジットカードの選び方!注意点と特徴別おすすめも

電子マネーを比較してお得に活用しよう

電子マネーの種類やメリット・デメリットはもちろん、おすすめの電子マネーについてご紹介しました。

行きつけのお店が決まっている人であればそこでポイントを貯めやすい電子マネーを、決まっていないのであれば幅広いお店で利用可能な電子マネーを選ぶのがおすすめです。

これを機に本格的に電子マネーデビューして、お財布レスな生活を送ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)