ディーラーローンの審査や金利は?マイカーローンとの違いも解説

車を一括で購入できないので、ディーラーローンを利用して購入しようと考えているのですが、そのディーラーローンの審査と金利の内容が気になります。

具体的に説明しますと、審査は厳しいのか、金利はどれくらいかかるのかという内容です。

加えて、内容的に同じとされているマイカーローンとの違いについても、気になるところです。

当記事では、ディーラーローンで自動車を購入したい人に向けて、解説いたします。

ディーラーローンの審査と金利の内容や、マイカーローンとの違いなどを理解することで、ディーラーローンを適切に使用することが見込めます。

ディーラーローンの審査は通りやすい?その内容をまとめてみた

ディーラーローンの審査は通りやすいのか、それとも厳しいのかと気になるところです。

そこで、ディーラーローンの審査について解説いたします。その審査の内容は厳しいのか甘いのかを解析していきます。

まずは審査に落ちる要因を挙げてみた

ディーラーローンの審査を通る要因より、審査に落ちる要因から先に挙げて、その内容を解説いたします。

なぜかというと、落ちる要因を知ることで、その要因への対処を行うことができるからです。

審査に落ちる要因が何なのかとわからないと悩んでいる人はまず、その心当たりを探します。

心当たりがあれば、対処するようにしましょう。

過去に金融事故を起こしたことがある

過去に金融事故を起こしたことがある場合は、ディーラーローンの審査に落ちる可能性が非常に高いです。

なぜなら、金銭的な信用を失った状態にあるからです。

金融事故とは、支払うべき金銭を長期的に滞納、料金の踏み倒し、自己破産などが挙げられます。

これらの情報はCICなど信用情報機関に登録されているので、ディーラーローンを提供している自動車販売店と提携する信販会社または保証会社は、信用情報機関を通じて、ディーラーローン申込者の信用情報を確認するのです。

金融事故の経歴があったら、過去に金融事故を起こしたという理由で、信販会社または保証会社はディーラーローン申込者の審査通過を認めません。

年収や地位に問題なくても、過去に金融事故を起こしている時点で、ディーラーローンの審査通過はかなわないと思ったほうが良いでしょう。

多くの金融機関からお金を借りている

多くの金融機関のローンやキャッシングを利用して、お金を借りているという状況を抱えている場合、ディーラーローンの審査通過が見込めないでしょう。

ローンやキャッシングの完遂できる日が近い場合は問題ないと言えるのですが、完遂までに時間がかかる場合も、ディーラーローンの審査が落ちる要因にもなります。

収入が不安定

収入が不安定という理由も、ディーラーローンの審査に落ちる要因となります。

なぜかというと、突然収入がゼロになるというケースがあるからです。

具体的に説明しますと、月に50万円の収入があった次の日、突然収入が月10万円に下がり、最悪、先ほど申したように、収入がゼロになるという状態になる可能性があります。

収入が常に不安定だと、ディーラーローンを提供する自動車販売店と保証会社は不安を感じ、審査が落ちるということになるのです。

年収が低い

年収が低いというポイントも、ディーラーローンの審査に落ちる要因のひとつになります。仮に収入が安定していても、年収自体が低い場合、月々支払い続けることが困難になる可能性があるのです。

年収が低くても、ディーラーローンの審査に通過できる可能性はゼロではないのですが、車種によります。新車は数百万円が当たり前である一方、中古車は数十万円が平均的な相場になるからです。

だから、年収が低いと言っても、その年収がどれくらいあればディーラーローンの審査通過ができるのかについては、断言することができません。

専業主婦(主夫)やアルバイトだと厳しい

専業主婦(主夫)やアルバイトだと厳しく、その職業や立場を理由だけで、ディーラーローンの審査に落ちる要因となります。

その理由は、

  • 専業主婦は無収入だから
  • アルバイトの年収はもともと低い(※業種によっては高年収のアルバイトもある)

などが挙げられるからです。

特に注目していただきたいのが、専業主婦は無収入だからというポイントにあります。

専業主婦と言っても、配偶者の収入があれば良いのですが、やはり厳しいです。

なぜかと言いますと、

  • 配偶者の年収がもともと低い
  • 配偶者の年収が高く安定しているが、ディーラーローンを月々支払ってくれる保証がない

などが挙げられます。

ディーラーローンの審査基準とは?本当に通りやすいのか?

ディーラーローンの審査基準は基本的に公開されていません。一方で、インターネット上などで、ディーラーローンの審査は通りやすいと言われていますが、実際はどうなのかと気になるところです。

そこで、予想されるディーラーローンの審査基準を次に挙げて、内容を解説していきます。

年収がそれなりにあること

年収がそれなりにあることは、ディーラーローンの審査基準のひとつであると考えています。

どれくらい年収があれば良いのかは車種によって異なるので、明確に断言することはできませんが、その年収に安定性がプラスされれば、ディーラーローンの審査基準はクリアし、審査通過が見込まれるでしょう。

勤続年数が長いこと

勤続年数が長いことも、ディーラーローンの審査基準のひとつであると考えています。

勤続年数が長いという事は、収入が安定的に得ていることを意味し、審査通過のプラスになるからです。

個人事業主がディーラーローンを利用する場合、事業の年数が多いことも、プラスになります。

個人事業主の収入は常に不安定と言っても過言ではないのですが、事業の年数が多いということは、収入も安定していることを意味するからです。

金融事故を起こしていないこと

「過去に金融事故を起こしたことがある」という見出しで触れているので、詳しい説明は省略しますが、金融事故を起こしていないことがディーラーローンの審査基準のひとつとなります。

その審査基準の中でも、金融事故に関するポイントが大きく、金融事故を起こした時点でディーラーローンの審査基準は満たせないと考えたほうがいいでしょう。

虚偽申告や虚偽記載しないこと

虚偽申告や虚偽記載しないというポイントも、ディーラーローンの審査基準のひとつとなります。

単純なミスであれば、修正すれば問題ありませんが、意図的に虚偽の申告と記載を行った場合、発覚した時点で審査の通過が見込めないでしょう。

対応策としては、自動車販売店の窓口で書き方を教えてもらいつつ、書類を記載することです。

担保があれば比較的審査に通りやすいのは確か

ディーラーローンは基本的に無担保ですが、ディーラーローンで購入した自動車そのものが担保となるので、実質的な無担保と言っても過言ではありません。

それでも、ディーラーローンの審査に通ることができないのではと不安を感じる方は、もうひとつ担保を付け加えることを提案してみてください。

金融事故など、ディーラーローンの審査が落ちる絶対的な要因がないかぎり、その審査が比較的通りやすくなる見込みがあるのです。

ディーラーローンの金利はどれくらい?

ディーラーローンの金利は高いと言われていますが、実際にどれくらい高いのかと、審査と同様に、誰しも気になります。

そこで、ディーラーローンの金利の内容について解説していきます。

車種によって金利が異なっていく

ディーラーローンの金利はどれくらいなのかというと、3%~10%が相場であると言われています。

車種によって金利が変動し、数百万円もする新車は金利が低く、逆に中古車は金利が高い傾向にあるのです。

マイカーローンの金利はディーラーローンより低い傾向にあるのですが、この部分については「金利はマイカーローンのほうが低い」という見出しで解説していきます。

自動車メーカーが提供するディーラーローンの金利を簡単比較してみた

自動車メーカーが提供しているディーラーローンの金利は、自動車メーカーによって異なります。

そこで、自動車メーカーのディーラーローンを3つ挙げて、簡単ですが比較してみました。

トヨタの金利

トヨタのディーラーローンの金利は、4.8%~6.8%が相場だとされています。

数あるディーラーローンの中でも、トヨタのディーラーローンの金利は低く抑えられている傾向にあるようです。

スズキの金利

スズキの金利は、3年プラン(36回払い)で2.9%~3.9%です。

トヨタの金利より低く抑えられているので、中古車だろうと新車だろうと、購入のハードルが低いのが特徴であります。

ホンダの金利

ホンダの金利は基本的に、一律4.9%となっています。

変動金利ではなく固定金利となっているので、支払いに対する計画を立てやすいというメリットがあります。

2019年9月30日までに、ホンダの金利が一律3.5%のキャンペーンを打ち出しているので、この期間にディーラーローンを利用して自動車を購入すると、月々の返済額を抑えられる見込みがあるのです。

ディーラーローンとマイカーローンとの違いを比較してみた

ディーラーローンではなく、銀行が提供しているマイカーローンのほうが金利は安く、利用すべきだと誰もが考えることですが、ディーラーローンとマイカーローンにそれぞれのメリットとデメリットがあるのです。

そこで、ディーラーローンとマイカーローンとの違いを比較して、二つのローンのメリットとデメリットを分析してみます。

審査はマイカーローンのほうが比較的厳しい

審査はマイカーローンのほうが比較的に厳しく、ディーラーローンのほうが軽い傾向にあります。

しかし、ディーラーローンのほうが審査は軽いと言われているのですが、実際は厳しいです。

審査期間は、ディーラーローンは最短即日なのに対し、マイカーローンの審査の最短期間は1週間程度かかるとされています。

すぐに自動車を購入したいならディーラーローンのほうがメリットはあるということです。

金利はマイカーローンのほうが低い

「車種によって金利が異なっていく」という見出しで、ディーラーローンの金利の相場は3%~10%と説明しましたが、マイカーローンの金利は大雑把にまとめると、2%~4%と低く設定されています。

加えて、ディーラーローンは車種によって金利が変動するのに対し、マイカーローンは一律です。

金利だけ見るなら、マイカーローンのほうが得だと言えるでしょう。

所有権を持てるのはマイカーローン

自動車の所有権を持てるのは、マイカーローンであります。

所有権を持てるということは、車の売却が自由にできるということです。

一方、ディーラーローンは完遂しないかぎり、所有権は自分の名義になりません。

所有権が自分の名義にならないということは、車の売却が自由にできないということになります。

自由度に関するメリットは、マイカーローンのほうが上でしょう。

マイカーローンは自動車の購入が決まる前でも審査を受けることが可能

マイカーローンは自動車の購入が決まる前でも審査を受けることが可能です。

自動車を購入するのは決めたけど、購入する車種はまだ決まっていないという人でも、仮審査の申し込みが可能となっています。

一方、ディーラーローンは、購入する車種とオプションを決めてから、審査を行います。

審査に関する自由度については、マイカーローンのほうがメリットはあると言えるでしょう。

ディーラーローンに関しても、最短即日で審査が決まるので、すぐに車が欲しいという人には、ディーラーローンがおすすめです。

書類の提出量が多いのはマイカーローン

書類の提出量が多いのはマイカーローンですが、具体的にどれくらいの書類が必要になるのかは、マイカーローンを提供している銀行によって異なります。

一方、ディーラーローンの場合、最短即日で審査が決まるので、必要最低限の書類で済むというわけです。

マイカーローンとディーラーローンが共通している必要書類をいくつか挙げてみました。

  • 年収を証明する書類
  • 身分証明書
  • 印鑑登録証明書

などが挙げられます。

マイカーローンの場合は、この3つだけでなく、見積書または注文書が必要になります。

なぜなら、本当に自動車を購入するのかと確認するために必要だからです。

マイカーローンは担保や保証人が必要なし

マイカーローンは基本的に担保や保証人が必要ありません。ディーラーローンも同じなのですが、ディーラーローンの場合だと、内容によっては担保や保証人が必要となります。

担保や保証人を利用したくないならマイカーローンがおすすめですが、ディーラーローンも担保や保証人をほとんど必要としないので、基本的にどちらも変わらないということになるのです。

マイカーローンは繰上返済が何度でも可能

マイカーローンは繰上返済が何度でも可能です。繰上返済にかかる手数料は発生しません。

ディーラーローンの場合は、自動車メーカーによって、繰上返済ができるかできないかによって分かれます。

例えディーラーローンの繰上返済ができたとしても、手数料が毎回発生するのがほとんどです。

効率良く支払いをしていきたい場合はマイカーローンですが、計画的に支払っていきたい場合はディーラーローンと言ったところでしょう。

まとめ

ディーラーローンの審査と金利について紹介し、マイカーローンとの違いも解説しました。

金利ではマイカーローンのほうが得ですが、審査ではディーラーローンのほうが早く、結果が最短即日に出ます。

書類の提出量もディーラーローンのほうが少ないので、簡潔的かつ素早く自動車を購入したいなら、ディーラーローンがおすすめだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)