よくわかるクレジットカードの選び方!注意点と特徴別おすすめも

よくわかるクレジットカードの選び方!注意点と特徴別おすすめも

今や無数に存在するクレジットカードの中から、自身に合ったクレジットカードを選び出すことは、そう簡単ではありません。

また自身の目的から外れたものを選択してしまえば、クレジットカードのメリットを最大限に活かせず、損してしまうこともあります。

ここでは、そういったことにならないように、

  • 自身に合ったクレジットカードの選び方
  • 後悔しないために知っておくべき注意点
  • クレジットカードの賢い使い分け
  • よく貯まるポイント倍増術

についても、おすすめを交えながら、わかりやすくお伝えしていきます。

ここで紹介することをしっかりと取り入れ、後悔しないクレジットカード選びにお役立てください。

初めてのクレジットカード!ブランドはどれがいい?

初めてのクレジットカード!ブランドはどれがいい?

日本国内で利用されるクレジットカードのブランドには、代表的なものとして、

  1. 「JCB」
  2. 「VISA」
  3. 「MasterCard」
  4. 「アメリカン・エキスプレス」

の4種があります。

これらのブランドにはそれぞれに特徴があり、初めてのクレジットカードであるなら、なおのことライフスタイルに合ったブランドを選択するべきでしょう。

ここでは、どのブランドを選択すべきかについて、それぞれにわけて順にお伝えしていきます。

では早速みていきましょう。

VISAを選ぶべき人とは

世界で最も利用率が高いVISAですが、このブランドを選択すべき人は主に「海外旅行によくいく人」となります。

というのも、VISAは世界各地で利用できる店舗が圧倒に多く、また日本国内においても利用しやすいなど、非常にバランスが取れたブランドです。

そのため、海外旅行では特に心強い味方となるでしょう。

JCBを選ぶべき人とは

JCBは日本発のブランドであることから、日本で利用できる店舗数が圧倒的に多いブランドとなります。

また海外においては、どうしてもVISAより利用できる店舗数が劣るため、JCBを選択すべき人は、「あまり海外にはいかない人」となります。

MasterCardを選ぶべき人とは

世界でVISAに次ぐ利用率を誇るMasterCardですが、特に強いエリアとしてヨーロッパ圏が挙げられるでしょう。

またアメリカ発のスーパーであるコストコで利用できるブランドはMasterCardのみとなります。

以上のことから、MasterCardを選ぶべき人は「ヨーロッパ圏への旅行が多い人」、または「コストコの利用が多い人」ということになります。

アメリカン・エキスプレスを選ぶべき人

世界でシェア率が第4位を誇るアメリカン・エキスプレスは、昔でこそ、国内で利用できるところは限られていましたが、現在ではそんなことはありません。

現在では、JCBが利用できるところであれば、大半は支払いの際に困ることはないでしょう。

またアメリカン・エキスプレスの特徴は、なんといってもそのステータス性の高さです。

そのため、このブランドを選ぶべき人は、国内外問わず「ステータス性を求める人」ということになります。

ココに注目!クレジットカード発行会社の選び方

ココに注目!クレジットカード発行会社の選び方

早速、クレジットカード発行会社はどこにするのかを決めたいところですが、後悔のないクレジットカードの選択をするためにも、「どこに注目して選ぶべきか」を把握しておくことが重要です。

では次に、クレジットカード発行会社を選ぶ際の注目すべきポイントについて、紹介していきます。

主な注目ポイントは以下の4つです。

  1. ポイント還元率
  2. 特典
  3. 付帯保険
  4. 審査の難易度

では早速みていきましょう。

選び方1.ポイント還元率で選ぶ

これはクレジットカードを持つメリットとしても、重要視する項目のひとつでしょう。このポイント還元率は、クレジットカード発行会社によっても異なります。

効率よくポイントを貯めていくためにも、この還元率はなるべく高いもの選ぶようにしましょう。

大体の目安は「1%」程度です。

クレジットカードを選ぶ際は、還元率「1%」を基準にして選ぶようにしましょう。

還元率1%以上!絶対におすすめのクレジットカード13選還元率1%以上!絶対におすすめのクレジットカード13選

選び方2.特典で選ぶ

クレジットカードの特典には、カードの提示やカード払いをすることにより、提携店舗で割引や無料サービスを受けることができます。

そのため、特典を重視して選ぶ場合には、各クレジットカード発行会社が、

  1. どこの会社や店舗と提携しているのか
  2. そこが普段よく利用している店舗なのか

に注目して選ぶようにしましょう。

選び方3.付帯保険の充実度で選ぶ

クレジットカードの付帯保険には、

  • 旅行中に携行品の盗難を補償する「盗難保険
  • 旅行中のケガや入院などによる医療費を補償する「旅行傷害保険」
  • カード払いで購入した商品の破損などを補償する「ショッピング保険

などがあることは、すでにご存じの方も多いでしょう。

これらは、どのクレジットカードを使用しているかによって、その補償額が異なるものです。

そのため、どういった補償をしてほしいのかによっても選ぶべきカードは変わるでしょう。

選び方4.審査の通りやすさで選ぶ

ここまででクレジットカードの発行会社を選ぶ際に、注目すべきポイントについて紹介してきました。

しかし、希望するクレジットカードを持ちたくとも、審査に通らなければクレジットカードの発行はされません。

たとえば、過去のローンの支払いなどで3カ月以上滞納した経験がある場合、クレジットカードの発行審査では悪影響が出るものです。

そういった場合は、審査が通りやすいといわれるクレジットカードへの申し込みが無難でしょう。

またこの記事では、比較的審査の通りやすいクレジットカードも紹介していますので、クレジットカード選びの参考としてみてください。

「20代は審査が通りやすい」は本当か

クレジットカードの発行会社によっても異なりますが、基本的には今後の期待値も込めて、20代は審査時のスコアが高くなる傾向にあります。

そのため10代・20代のうちから、審査がある程度厳しいクレジットカードを、1枚は持っておくのが得策といえそうです。

初めてのクレジットカードでも落ちやすい人とは

10代や20代で初めてクレジットカードを持つことに特に問題はないでしょうが、これが50代など年齢を重ねている人となれば話は別です。

またこのケースで問題となるのは、ローンなどを一度も組んだ経験がない方となります。

審査時には、クレジットカードの申し込み希望者に返済能力があるのか、返済記録などを管理している信用情報機関にてその確認をします。

しかし年齢を重ねているにも関わらず、ローンなども組んだことない上に、クレジットカードの使用歴もなければ返済能力の確認が取れません。

また過度の延滞などをした方が載るブラックリストでは、5年を経過することで情報が削除されます。

つまり、このブラックだった方との区別がつかないことが、年齢を重ねてからクレジットカードを持つことへの障害となるのです。

クレジットカード選び方、注意点3つ

クレジットカード選び方、注意点3つ

クレジットカードを選ぶ際には、いくつか注意点が存在します。

これは、クレジットカードの発行後に「こんなはずではなかった」という事態を避けるためにも、必ず目を通すようにしておきましょう。

①保険の自動付帯と利用付帯に注意

クレジットカードには旅行傷害保険が付帯していることがほとんどです。

またその付帯の種類には、所持しているだけで効果を発揮する「自動付帯」と、旅行費の一部をクレジットカードで支払った場合のみに効果を発揮する「利用付帯」の2種類が存在します。

ここで注意すべきは、利用付帯においての適用条件である「旅行費の一部をクレジットカードで支払う」とは具体的に何を指すのか、という点です。

この適用条件の範囲はとても狭く、たとえば現地の宿泊費や、飲食代などはこの条件に当てはまらないことがほとんどでしょう。

適用条件として認められる支払いは、主に以下のようなものとなります。

利用付帯の適用条件例
  • 「出国前の公共の交通費(電車・バスなど)」
  • 「旅行会社が企画した募集型ツアー」などが挙げられます。

これらの条件はカード会社によっても異なりますので、各公式HPで確認するようにしましょう。

また、こういった心配をしたくないのであれば「自動付帯」をおすすめします。

②初期設定でのリボ払いに注意

クレジットカードの中には、支払い方法が初期設定でリボ払いになっているカードも存在します。

リボ払いは、月々の支払いが安く抑えられる利点こそありますが、利用残高の金額に比例して手数料も増えていきます。

そのため、使い方によっては「元本が減らない」といった事態になりかねません。

こうした不測の事態を招かないためにも、リボ払いが不必要だという方は、あらかじめ初期設定でリボ払いになっていないかをしっかりと確認するようにしましょう。

クレジットカードの手数料

クレジットカード払いでは、基本的に一括払いや2回払いでは手数料がかかることはありません。

しかし、3回以上となると、どのクレジットカードでも手数料が発生してきます。

その場合では、たいてい以下のような年率となり、少し高くついてしまいます。

そのため、なるべくは手数料のかからない2回払いまでで、支払いは終わるようにしておきましょう。

  • 3回払い:12%程度の手数料
  • 10回払い:14%程度の手数料
  • 24回払い:15%程度の手数料

③ポイントの有効期限に注意

クレジットカードにはポイントが貯まるという利点がありますが、このポイントには有効期限が設けられていることがほとんどです。

せっかくポイントを貯めても、使用せずに失効させてしまっては、クレジットカードの魅力を半減させてしまいます。

そうならないために、ポイントの有効期限がどの程度設けられているのかは、しっかりと確認するようにしましょう。

確認頻度としては、最低でも月に一度は行うようにしてください。

またクレジットカードによっては、有効期限がないものもありますので、ポイントが無駄にならないか不安な方は、そういったクレジットカードを選択するのがいいかもしれません。

複数のクレジットカードで得をするには

複数のクレジットカードで得をするには

クレジットカードにはポイント付与に加え、付帯保険や特典があるなど利点が多くあり、またこれらの恩恵を最大限に活用するためには、複数のクレジットカードを所有する必要があります。

ではどういった内容で所有するのが賢い選び方なのでしょうか。

ここではそういった内容に触れつつ、またクレジットカードを持ちすぎてしまった場の欠点についてもお伝えしていきます。

またクレジットカードの使い方について、まだよくわからないという方は、以下の記事を参考にしてみましょう。

クレジットカードの使い方を徹底的に解説!初めての利用でも安心!クレジットカードの使い方を徹底的に解説!初めての利用でも安心!

では早速、順に紹介していきます。

よりお得に!使い分けには3枚がベスト

クレジットカードの恩恵を最大限に受けるには、所持枚数は3枚がおすすめです。

また具体的な使い分けとしては、以下に挙げた内容となります。

  1. メインのカードとして、ポイント還元率の高いカードでポイントを貯める
  2. サブのカードとして、付帯保険を利用し旅行先の万が一に備える
  3. 強化カードとして、1や2のカードで足りないものを補う

「3」については、ライフスタイルにより選ぶカードは変わるでしょう。

特典がもっと欲しい

というのであれば、3枚目は特典が充実したクレジットカードを選ぶべきですし、

旅行の保険をより充実させたい

というのであれば、補償額は合算可能なので付帯保険が充実しているクレジットカードを、もう1枚持つのもよいでしょう。

ポイントを効率よく貯めるコツとは

ネットショップなどで買い物をする場合、ポイントモールを経由してクレジットカード払いとすると、2倍から数十倍もポイントが貯まりやすくなります。

ポイントモールとは

ポイントモールとは、各クレジットカード会社が運営しているサイトのひとつです。

これをを経由して、楽天市場やヤフーショッピングなどで買い物をすることで、ポイントの倍増が狙えます。

利用方法はそうむずかしいことはなく、以下の4つの手順で利用できます。

  1. 各クレジットカードの会員サイトに会員登録
  2. ポイントモールサイトを開き、「1」のログイン情報でログインする
  3. 買い物したいショップでカード払いで購入
  4. ポイントGET

よりポイントを狙いたい方は、以下の記事が参考になりますので、のぞいてみましょう。

クレジットカードのポイント交換を徹底解説!おすすめカードも紹介!クレジットカードのポイント交換を徹底解説!おすすめカードも紹介!

クレジットカードを持ちすぎると

クレジットカードを何枚も持つことで、受けられる特典や付帯保険の補償が増えて、一見お得にも感じるでしょうが、持ちすぎには注意が必要です。

その主な理由として、以下の4点が挙げられます。

  1. 利用した額の計算やポイントの管理がしづらい
  2. 個人情報に変更があった際、変更手続きを全てのカードで行う必要がある
  3. 暗証番号やパスワードの管理がしづらい
  4. ローンなどの審査に通りにくくなる

1と2については特に説明はいらないでしょう。3と4は少し補足をしておきます。

まず「3」について、クレジットカードの不正利用を防ぐためにも暗証番号やパスワードは、各クレジットカードでそれぞれ異なるものを指定しておく必要があります。

それゆえ、管理がより面倒になるというわけです。

「4」についてですが、まずクレジットカードにはキャッシング機能がついているものです。

その合計のキャッシング枠が、複数枚のカードを持つことで増加してしまい、それがローンなどの審査に影響してしまうというわけです。

不要なキャッシング機能はつけないよう、あらかじめの対策が必要といえるでしょう。

厳選!特徴別で選ぶおすすめクレジットカード

厳選!特徴別で選ぶおすすめクレジットカード

ここではおすすめのクレジットカードに絞り、それぞれの基本情報と特典についてお伝えしていきます。

これまでに紹介してきた注目ポイントにも着目しながら、後悔しないクレジットカード選びの参考としてお役立てください。

ポイント還元率が高め|REXカード

おすすめREXカード

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 無料
利用可能ブランド VISA

MasterCard

ポイント還元率 1.25%(国内最高水準)
ポイント有効期限 ポイント獲得月より2年間
付帯保険 ・ネット安心サービス(ネット上での不正利用補償)

・カード盗難保険

・【利用付帯】国内・海外旅行傷害保険

主な特典を一部紹介
・「価格.com安心支払い」利用:ポイント還元率1.50%

・「JACCOSモール」利用:ポイント還元率1.75%

REXカードといえば、ポイントの還元率が国内最高水準であることでしょう。

ポイントをより多く貯めたい方には、うれしいクレジットカードとなりそうです。

また利用付帯ではありますが、付帯保険について充実していることも、ポイントといえるでしょう。

特典が豊富|エポスカード

おすすめEPOSカード

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 無料
利用可能ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 ポイント加算日より2年間

※有効期限延長申込み可能

付帯保険 ・カード盗難保険

【自動付帯】海外旅行傷害保険

主な特典を一部紹介
・提携先カラオケ店:10~30%OFF

・提携先遊園地・水族館・ネットカフェなど:料金割引

・提携先美容系施設・温泉:料金割引

エポスカードを持つことの一番の魅力は、なんといっても特典の多さでしょう。

またその種類は多岐にわたり、ここでは紹介しきれないほどの特典数となります。

気になる方は一度公式HPで確認してみるのもよいかもしれません。

付帯保険が充実|三井住友VISAクラシックカードA

おすすめ三井住友VISAクラシックカードA

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 1,500円(税抜)

※初年度無料

利用可能ブランド VISA

MasterCard

ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 ポイント獲得月より2年間
付帯保険 ・ショッピング保険

・カード盗難保険

【自動・利用付帯】国内・海外旅行傷害保険

主な特典を一部紹介
・「ワールドプレゼント」利用:1,000円につき1ポイント付与

・「マイ・ペイすリボ」利用:年会費無料・半額、ポイント2倍

三井住友VISAクラシックカードAについては、付帯保険において自動付帯と利用付帯の双方が適用されるなど、充実度は申し分ないでしょう。

また、三井住友という認知度の高さと銀行が発行していることを踏まえると、ステータスを意識する方にとってもおすすめのクレジットカードなります。

amazon利用が多い方|オリコカード THE POINT

おすすめオリコ・ザ・ポイント

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 無料
利用可能ブランド JCB

MasterCard

ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 ポイント獲得月より1年間
付帯保険 ・カード盗難保険
主な特典を一部紹介
・入会後6ヶ月間:ポイント還元率2.0%

・「オリコモール」経由での利用(Amazonなど):0.5%加算

オリコカード THE POINTでは、ポイント還元率が高いことが一番の特徴でしょう。

また「オリコモール」を経由しAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのオンラインモールで買い物をするだけで、還元率がUPすることもこのカードの魅力となります。

Amazonに限らず、普段からネットショップの利用が多い方には、特におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

学生や20代の方|リクルートカード

おすすめリクルートカード

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 無料
利用可能ブランド JCB

VISA

MasterCard

ポイント還元率 1.2%
ポイント有効期限 ポイント加算日より1年間
付帯保険 ・ショッピング保険

・カード盗難保険

【利用付帯】国内・海外旅行傷害保険

主な特典を一部紹介
・じゃらんnetで予約宿泊+リクルートカード決済:ポイント還元率3.2%

・ポンパレモールで食品・日用品購入:ポイント還元率4.2%以上

・Hot Pepper Beauty予約・来店+リクルートカード決済:ポイント還元率3.2%

・Hot Pepperグルメ予約・食事券購入+リクルートカード決済:ポイント還元率3.2%

リクルートカードも、REXカードに引けを取らないポイント還元率を誇っています。

また幹事を任されてしまうことの多い大学生や20代の社会人にとって、Hot Pepperグルメでの利用特典は特にうれしい内容となるでしょう。

審査が心配な方|楽天カード

おすすめ楽天カード

申込み資格 高校生を除く18歳以上の方

※未成年者は親権者の同意が必要

年会費 無料
利用可能ブランド JCB

VISA

MasterCard

American Express

ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 ポイント加算月を含めて1年間
付帯保険 ・カード盗難保険

【利用付帯】海外旅行傷害保険

主な特典を一部紹介
・楽天市場利用:ポイント還元率最大3%

・楽天トラベル利用:ポイント還元率最大2%

・Rakoo利用:ポイント還元率最大2%

・コナカ・大江戸温泉など利用:ポイント還元率最大3%

楽天カードの公式HPにある「よくあるご質問」では「主婦・パート・アルバイト」でも申し込みができる旨が記載されています。

クレジットカードの中には「年収200万以上の定職者」という制限を設けている場合もあり、それらを踏まえると、楽天カードは比較的審査に通りやすいクレジットカードだといえるでしょう。

また特典については、ポイント還元率が加算されるものが多く、楽天が提供するサービスをよく利用する方にとっても、おすすめのクレジットカードとなります。

自分に合ったクレジットカードで、よりお得に過ごそう

ここまででクレジットカードの選び方から注意点、また賢く使い分けをする方法について、おすすめを交えながら紹介してきました。

クレジットカードは利用することはもちろん、ただ所有しているだけでも、様々な恩恵を受けることができます。

自身のライフスタイルに合ったクレジットカードをしっかりと選び、その恩恵を最大限に活用していきましょう。

現金のみの生活より、はるかにお得に過ごせるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)